通信講座の記事

資格試験対策の講座には、通学講座と通信講座があります。学校へ通うのと、
資格試験のプロが作った教材を使い自宅で勉強するのとでは、何がどうちがうのか。私なりに、長所と短所について考えてみましたので、参考にしていただければ幸いです。


●「通学」は、教室へ通うことがペースメーカーになってくれます。
◎通学講座の一番の長所は、学習のペースを作りやすい点だと考えています。

教室通いは、決められたカリキュラム通りに講義が進んでいきますので、自己管理をしやすいのです。

また、生で聞く講義の場合は、教室で講師やほかの受講者と接することができます。
教室の授業は生身の人間同士の真剣勝負ですので、モチベーションの維持も図りやすいのではないかと考えます。


×通学講座の短所としては、授業がペースメーカーとして利用できる反面、カリキュラムに拘束されてしまうことです。
都合が悪いからといって、誰かとのアポイントを変更するように、
授業の予定を変えるわけにはいきません。
欠席した場合などのために、ビデオ講義の補講を整えている学校もありますが、教える講師(ビデオ)が変わると、それまで受けた授業と関連づけて学習はできません。流れが崩れるのです。

通学講座は、1回も休まずに通い続けることが大事なんだと思います。
私にも大事な仕事があり、そのことに自信がなかったので通学することは諦めました。


●何度でも同じ授業を繰り返し受けられる通信講座
◎通信講座の一番の長所は、同じ講師の講義を何度も繰り返し受けられることです。

また相手はDVDですから、わかりにくい個所は戻って観直すことも簡単です。
遠慮をせずに授業を中断して、自分のペースで授業を進められること。このことは大きいです。

講義を一度聴いただけで、すべてを理解できるような受験者はいないのではないでしょうか。
生の講義で刺激は受けても、復習しないとやはりどんどん忘れてしまいます。

しかし学校の講師は、同じ授業を2度も3度もやってはくれません。

そのようなシステムですから、通信講座の授業には、受身ではなく能動的な面があります。
講義をコントロールするのはビデオの中の講師ではなく、実はパソコンの前の自分です。

ですから、教室の刺激のある講義を受講することで「勉強した気になってしまうこと」もありません
なぜなら、授業がわからなくなると、どうしても一旦ビデオをストップして、分かるようにしたくなるからです。

授業を自分でコントロールして、理解するまで繰り返せること。それがメディア授業のメリットだと思いました。

×とはいっても通信講座は自宅で勉強をすることになりますので、ある面では独学と似ているところがあります。
「自己管理できなければ何も進まない」、それが短所といえるでしょう。
途中で挫折しないための何かいい方法というのはありません。
それこそやはり、“自分磨き”をするつもりで、意欲を高くして臨むことが大切なようです。

>>合格率4.34倍の宅建通信講座の詳細はこちら(ただ今無料サンプル講座が貰えます)<<


【通信】フォーサイト

独学では難しそう…そう感じたら通信講座がオススメ! 合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
foresight
⇒詳細はこちら

【通学】TAC

学校に通えば合格できそう…それなら通学講座。 受講料は高額になりますが、豊富な教材と十分な学習時間の確保、確実に学習していくカリキュラムで合格点クリアを目指します。
tac
⇒詳細はこちら