独学の記事

宅建の試験には2回目で合格しています。
1年目は、春に市販のテキストを買い、
サイト上から問題集を入手して、独学で勉強をスタートさせ10月の本試験に挑戦しました。

「なんとかなりそうだ・・、やっぱりダメか・・、運がよければ・・」
等々を考えながら当日試験に臨みましたが、
見事に29点で自分の考えの甘さを反省させられました。。。


勉強期間は十分あったのに、敵は想像以上に手強かったと、この時に知りました。

翌年は運も味方し合格できましたが、
どこがその前の年の勉強法とちがったのかをふまえて、以下のアドバイスをします。


◆勉強にはリードしてくれる指南役が必要
「宅建は独学でも合格できる」
とサイト上ではいろいろ書かれていますが、現実はそう簡単にはいきません。
少なくとも私はそうでした。

市販の教材だけでの独学では、どんなペースで何をやれば良いのかが分からず、時間だけを浪費してしまうのです。

高校→大学受験のことなどを考えてもそうです。
「大学には、独学で勉強して合格しました」という人はたくさんいますけど、
実はその人たち独学ではないですよね。
だって高校の教室で、一度は先生の指導を受けているわけですから。

進学指導というわけではないにしても、
「ここは出やすい」とか「ここは勉強する必要ないとか」、「ここはこうすると覚えやすい」とか、
みなさんも教室でいろいろ教わったことがあるはずです。

どうでしょう。高校の時に「政治経済」の教科書だけ渡されて、参考書も使っていいから、独学で勉強しなさいといわれたとしたら。さぼらず自習を続けたとしても、やはりたくさん時間をムダにすると思うのです。


◆市販の教材は情報量が多過ぎます。
このことには2年目になって通信講座で勉強するようになって気づきました。
市販のテキストには合格には必要のない内容が、ご丁寧にもたくさん盛り込まれているのです。

私のような年代になりますと、教科書が厚いと最初は得した気分や安心感があります。
『これを全部覚えることができれば、知識も豊富になって力がつくし、試験にも合格できるだろう』と、

最初は思ってしまうのです。

だけど憶えられないわけです。
市販のテキストは情報量が多すぎて、しかも整理も十分ではなので頭に入りづらいのです。

通信講座等の教材と比べてみると(勉強した上で比べてみないと、本当に比べることはできないのですが)、そのことがよくわかります。私自身のことを振り返って、独学だけはお薦めすることができません。

【通信】フォーサイト

独学では難しそう…そう感じたら通信講座がオススメ! 合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
foresight
⇒詳細はこちら

【通学】TAC

学校に通えば合格できそう…それなら通学講座。 受講料は高額になりますが、豊富な教材と十分な学習時間の確保、確実に学習していくカリキュラムで合格点クリアを目指します。
tac
⇒詳細はこちら