平成26年、つまり西暦2014年の宅建の試験の難易度はどう変わった? 

宅建の合格率は、小刻みに上下する印象がずっと昔から強いです。この数年を振り返っても、その印象に変化は見えません。それでも、1年ごとに少しずつ変わっているところは出てきます。

平成26年/西暦2014年度の宅建試験の合格率は、17.5%という結果に終わりました。合格最低点は32点。これらの結果は、どのように解釈するのが妥当でしょうか。
実はこの合格率、過去5年間で見るならいちばん高い数値です(その差は、2.3%しかありませんが)。合格最低点の32点についても、過去5年間でいちばん低いです。同じ点数だった年を探すと、その10年前までさかのぼらなくてはいけません。

これらの事実を踏まえるなら、平成26年は、最近ではいちばん難易度が低めになった年度だったという結論になってもおかしくはないですね。

しかし実際に受験した人たちの感想はどうだったでしょうか? 簡単だったと感じなかった人が相当数いたはずです。「民法が難しかった」という感想は顕著でしたが、宅建業法についても難しいほうだったという感想が目立ちました。予想の裏をかくような問題が平成26年はあちこちで出ていた傾向があった点は否めません。

しかし合格率や合格最低点については厳しいものではなかったわけです。(一部の)受験者の水準が上がっていることが暗示されますね。平成27年度以後についても、問題の難化が部分的に確実に進むであることは想像に難くありません。しかし、受験者もそれに追いつこうとします。よく勉強する受験者と、そうでない受験者のかい離が進む可能性もあるでしょう。

結局、これからの受験者はますます隙のない受験対策を講じるに越したことはないはず。にわか仕込みではなく、宅建試験のエキスパート(精鋭ぞろいの通信講座等を選びたいところですね)がつくり込んだような教材や情報をもとに、勉強を進めていくことがカギでしょう。平成26年度の結果が教えてくれることは、そのようなことではないでしょうか。

【通信】フォーサイト

独学では難しそう…そう感じたら通信講座がオススメ! 合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
foresight
⇒詳細はこちら

【通学】TAC

学校に通えば合格できそう…それなら通学講座。 受講料は高額になりますが、豊富な教材と十分な学習時間の確保、確実に学習していくカリキュラムで合格点クリアを目指します。
tac
⇒詳細はこちら