限られた時間だからこそ、「必要な箇所を効率良く」を徹底

宅建試験といえば、数ある資格の中でも比較的老若男女を問わず幅広い受験者層を誇る試験ですが、その中核となるのは「ビジネスマン」受験生です。
実際に毎日仕事に追われながら、宅建試験の合格を目指すとなれば、これはなかなか至難の業。
「ただ何となく、出来る範囲で対策をして・・・」では合格など望めません。ビジネスマン受験生が本気で宅建試験合格を目指す上では、他受験生以上に、一層のノウハウや戦略が必要となってまいります。

 バリバリと仕事をこなしながら宅建試験に挑戦する場合、必ず心得ておきたいのが「必要な箇所を効率良く」という心構えです。
すでにお伝えした通り、試験合格のために必要なのは、“合格ラインを突破すること”であって、100点満点をとることではありません。いざ「試験」というと、どうしても身構えてしまって、あれもこれも完璧にとなりがちですが、宅建試験のような幅広い出題範囲を網羅する資格試験の場合、完璧主義がむしろ合格を遠ざける要因にもなり得ます。あくまで出題されるポイントのみに的を絞り、その範囲で完璧を目指す方がよほどスマートなやり方であると言えます。

巷には「宅建試験対策」と名のつく教材が数多出回っていますが、“出題ポイント重視型”で絞り込んでいくと、相応しい教材に出合えると思います。

 ところで、日々分単位で動くビジネスマン受験生にとって、試験対策上最大の課題といえば、やはり「学習時間の確保」ではないでしょうか。まとまった時間を確保することが出来ず、ヤキモキすることも多いかと思います。
また、思う様に勉強が進まないことで受験を諦める方も、毎年少なくありません。

忙しい社会人が注目すべきは、「スキマ時間の活用」です。日常の5分、10分の細切れ時間や、目的なくパソコンやテレビの前にいる時間に目を向けてみましょう。これらの時間をトータルしていくと、たとえ1日でも1時間、2時間になっていくのではないでしょうか。こうしたスキマ時間の積み重ねを、活用しない手はありません。

「こういうちょっとした時間が唯一のリラックスタイムなのに」と思うかもしれませんが、少なくとも宅建試験に合格するまでは、あくまで勉強優先の生活を考えていきたいところですね。資格受験のためにストイックになり過ぎるのは考えものですが、ある程度の厳しさは不可欠だと思います。

【通信】フォーサイト

独学では難しそう…そう感じたら通信講座がオススメ! 合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
foresight
⇒詳細はこちら

【通学】TAC

学校に通えば合格できそう…それなら通学講座。 受講料は高額になりますが、豊富な教材と十分な学習時間の確保、確実に学習していくカリキュラムで合格点クリアを目指します。
tac
⇒詳細はこちら