限られた時間だからこそ、「必要な箇所を効率良く」を徹底

宅建試験といえば、ひと昔前までは比較的「ビジネスマン向けの資格」と言われていましたが、最近では主婦でこの資格に挑戦される方がぐんと増えているようです。
「主婦で宅建?」と首を傾げたくなりますが、就職や転職に結びつけるため、自己啓発のため等、皆さんそれぞれに目的をもって宅建試験受験に臨まれています。

 主婦で資格受験をするとなれば、まず考えるべきは「家のことと勉強の両立」についてだと思います。現状、日々の家事や育児、もしくは介護などで忙しく過ごされている方も少なくないでしょう。
また、自治会やPTAの役員などのお仕事に奮闘されている方もいらっしゃると思います。慌ただしい生活の中に、プラスαで資格学習を追加するとなれば、これはなかなか大変なことです。

 しかしながら、主婦としてのライフスタイルを上手く利用して、資格取得を目指す道もあります。ここで注目したいのは、1日のうちの「待機時間」です。

例えば子育て中の主婦の場合、ただそこにいて子どもを見守る時間、煮込み調理をしている時間など、“その場所を離れられないけれど思考は自由に使える時間”というのは比較的多いと思います。そういった時間にテキスト読みや単語カードなどの学習を進めていければ、1日の総学習時間はかなりのボリュームになるのではないでしょうか?

もちろん、100%集中することは難しいですが、これまでただ何となく過ごしていた時間が学習時間に変わることで、効率良く時間を確保できるようになるはずです。

 また、在宅時間の長い主婦であれば、家のどこにいても学習できる様にすることで、さらに学習量をアップさせることが出来るでしょう。
覚えたい事柄を紙に書いて見やすい位置に貼っておく、家のあちこちに勉強道具をセットしておくなど、自宅だからこそ可能な工夫はたくさんあります。

 このように考えると、主婦のライフスタイルというのは、実は非常に「資格学習向き」であると言えます。
主婦業の傍ら、スキルアップを目指されてみませんか?きっと、アナタの視野をぐんと広げる良いきっかけとなってくれることでしょう。

【通信】フォーサイト

独学では難しそう…そう感じたら通信講座がオススメ! 合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
foresight
⇒詳細はこちら

【通学】TAC

学校に通えば合格できそう…それなら通学講座。 受講料は高額になりますが、豊富な教材と十分な学習時間の確保、確実に学習していくカリキュラムで合格点クリアを目指します。
tac
⇒詳細はこちら