試験対策は過去問中心で!

宅建の試験に確実に合格するには、
どんな問題が出題されても最低7割以上は得点できる地道な努力が必要です。

とはいっても仕事が忙しい社会人の方ですと、なるべく効率の良い、ムダがなくてかつ合格に必要な力がつく勉強を望まれることでしょう。私はそのために一番大切なことは、テキストと過去問集の扱い方を、きちんと解っていることだと思っています。

どちらも試験合格には欠かせない教材ではありますが、
使い方をまちがえると、効率的に学習を進めことはできません。


このポイントははっきりしています。「過去問中心」の勉強を心がけることです。初学者の方が、潔癖になり過ぎて基本テキストにこだわると、多分半年や1年では勉強が終わらないはずです。


ではなぜ過去問が大事かといえば、過去問は、試験にもっとも出やすい問題の宝庫だからです。もちろん設問の内容は毎年書き換えられていますが、問題の趣旨や論点という観点から見ますと、宅建の試験はその7~8割が、過去問をもとに作られているのです。


また基本テキストも、実は過去問を元に作られています。このことを知っておくことは大切です。資格のテキストは歴史や理科の教科書とは本質的に異なるのです。


つまり宅建の基本テキストは、宅地建物取引主任者の世界の一般を語っているわけではなく、あくまで過去の試験の解説書として、過去問に後付けで作られているのです。そして過去問の解説プラスαとして、予想問題等の解説も挿入されるので、情報量も膨大になるのです。

それではまた「テキストと過去問集の扱い方」に戻ってみましょう。宅建の出題の7~8割が過去問から作られているということは、過去問をパーフェクトに消化できれば、7割の得点、つまり合格ラインを超えることはできるということです。


とはいっても宅建の知識ゼロの方が、いきなり過去問を解こうとしても正解はできません。当たり前ですが予備知識が何もないからです。
やはりテキスト読みから始めることが必要です。その時に大切なことは、テキストの理解は20~30%くらいの理解でかまわない、と腹をくくってしまうことです。

全てを覚えようとせず、理解できない部分は飛ばして、どんどん先に進んでください。

たとえば宅建の学習期間を6か月と設定したなら、最初に1か月くらいで、どんどん読み飛ばしてテキストを2~3回転させます。乱暴かもしれませんが、予備知識の習得は、それで良しとしてしまいましょう。


その後は、過去問一辺倒(ラスト1か月の総まとめは除いて)、過去問で問われている論点を意識しながら、問題を解くようにします。“論点”を押さえることが大事です。問題の論点さえ押さえられていれば、4肢択一式ですので、類推から正解を導き出せることも少なくありません。その際基本テキストは、あくまで過去問を解くための補助資料として使うようにします。


自分のことを振り返ってみても、過去問費やした時間が80%以上です。試験まで過去問以上にまで知識を高めることはできませんでしたが、それで合格できました。
繰り返しますが、過去問知識を押さえることが最重要ポイントであり、それが必要十分な知識と言う事だと思っています。


⇒何故、知識がない方が短期間で宅建に合格できるのですか?

【通信】フォーサイト

独学では難しそう…そう感じたら通信講座がオススメ! 合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
foresight
⇒詳細はこちら

【通学】TAC

学校に通えば合格できそう…それなら通学講座。 受講料は高額になりますが、豊富な教材と十分な学習時間の確保、確実に学習していくカリキュラムで合格点クリアを目指します。
tac
⇒詳細はこちら