宅建合格後に待っている、就職の仕方や年収のスケールとは

宅建試験に晴れて合格して、登録まで完了した人たちは、宅建資格が重要視される業界に進んでいくことがほとんどでしょう。

ではそれらの、宅建受験の成功者たちの年収はどれくらいの金額に達しているのでしょうか。

不動産業界は建設業界、建築業界や金融業界と、宅建合格者の進路は少しずつ異なります。それらの業界の特徴に影響されますし、就職した企業の給与体系にも影響されます。
基本的には普通のサラリーマン(またはOL)ですから、給与体系も年収の額もそんな派手なものではありません。宅建は一攫千金を夢見るための資格ではなく、安定した就職や社内での評価向上のために盛んに利用されている資格ですね。

年収の具体的な額は試験合格後(または入社後)数年で400~600万円、10年かそれ以上過ぎると700~800万円に行く人が増えていくといったところでしょうか。社内で順調に実績を出して、昇進していけば自然と年収も増幅することになります。中間管理職より上の地位に行ければ、1000万円を超える人も当然出てくるわけですね。

ちなみに、不動産業界については宅建の有資格者に物件の販売を担当させることが普通ですね。いわゆる営業畑といったことになります。このタイプの仕事をする場合、歩合給制度のもとで働くチャンスもあります。

歩合給といっても完全な歩合制度ではなく、きちんとした基本給が用意されていてそれにプラスして、販売実績等の歩合が加算されていくものだと思ってかまいません。
このような働き方であれば、順調に売り上げを増やせば若くても驚くほどの年収をたたき出すことも夢ではありません。

【通信】フォーサイト

独学では難しそう…そう感じたら通信講座がオススメ! 合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
foresight
⇒詳細はこちら

【通学】TAC

学校に通えば合格できそう…それなら通学講座。 受講料は高額になりますが、豊富な教材と十分な学習時間の確保、確実に学習していくカリキュラムで合格点クリアを目指します。
tac
⇒詳細はこちら