宅建合格のための勉強法においては過去問題集の役目は大きいです

宅建の問題集は、基本的に「過去問題集」が中心になります。
つまり、実際に宅建試験で出された問題たちですね。

これらを解く際に注意したほうがいいポイントを、この場でまとめたいと思います。

数年分の過去問を解く
これは大事ですね。数年分やりまくることでどの科目でどんな問題が出るのか、特徴を知ることができます。
良心的な過去問であれば、ある程度の年数の問題が収録されているはずですが、どんなに少なくても3年は必須でしょう。5年はやりたいところです。用意されているならもちろん10年分くらい解いたほうがよいでしょう。

もちろん年数が古いと、あまり参考にならなくなることは否めません。それに法令が毎年少しずつ変わっていますから、10年も前の問題の場合は、現在の参考にならないということもじゅうぶんに考えられます。そのあたりは頭にしかと入れておいた上で、やりまくることが大事でしょう。

何回も過去問を解く
これも大事でしょう。テキストにしても過去問にしても、まともな教材を買い揃えていれば、けっこうな分量があるはずです。宅建の勉強時間といえば数ヶ月しかないのが常識ですが、その数ヶ月をたっぷりと勉強に使えば、過去問全範囲を数回やる時間は出てくると思います。

過去問の解き方、解いていく順番にたまに変化をつける
たとえば、同じ法令科目ごとに数年分解いてみるというやり方もできますし、オーソドックスに1年分の試験問題をまとめて解いていく練習も大事でしょう。
前者のやり方は、各科目の特徴を分析したいときに有効ですし、後者のやり方は、宅建試験日を備えた予行演習をしたいときに有効です。

【通信】フォーサイト

独学では難しそう…そう感じたら通信講座がオススメ! 合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
foresight
⇒詳細はこちら

【通学】TAC

学校に通えば合格できそう…それなら通学講座。 受講料は高額になりますが、豊富な教材と十分な学習時間の確保、確実に学習していくカリキュラムで合格点クリアを目指します。
tac
⇒詳細はこちら