宅建で就職したら、資格手当は何万円くらいか

宅建で手に入るメリットといえば、何と言っても就職や昇進のチャンスでしょう。
不動産の売買が発生する事業を行う限り、宅建保持者の確保は企業にとって常に心がけていないといけない命題ですから。

ところで宅建の志望者は、就職活動上のメリットについ目がいきがちですね。
昇進のチャンスといった、合格後・就職成功後のメリットについてはそれほど深く考えないかもしれません。

もっとも「どれくらい昇進できるのか?」この点はなかなか確認がしづらいですね。確かめたいと思ってもそう簡単には把握できません。
その代わりに「資格手当」にスポットライトを当ててみたいと思います。

宅建の資格手当を明記している会社は珍しくありません。まだ受験を目指している段階で、実際の不動産会社の求人票を眺めるのも早すぎますが、自分が住んでいるエリアの不動産会社が、宅建資格者にどれくらいの待遇を準備しているのか、探りを入れてみるのも悪いものではありません。ハローワークでもいいですし、一般的な求人媒体でもかまいませんが、相場を探ってみると、いろいろなことがわかる可能性があるためおすすめです。

全国的な手当の相場はなかなか計算しにくいのですが、15000~30000円というデータが存在します。高いところであれば、50000円くらい出すところも見つけることができます(もちろん中途入社の場合です。何歳になっていても、どんな応募者であっても、合格すればその金額を受け取れるということですね)。
年間でいくらくらいになるのか、計算してみるとけっこうな額になることはいうまでもありません。

とはいえ、まったく手当を上乗せしてくれない企業があることは間違いありませんが。宅建資格を持っていない社員に、宅建を取得するように促した場合でも、ささいなお祝いをして済ませてしまうケースも珍しいものではありません。
このあたりは気になるなら、応募の段階で質問したほうがいいかもしれません。

【通信】フォーサイト

独学では難しそう…そう感じたら通信講座がオススメ! 合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
foresight
⇒詳細はこちら

【通学】TAC

学校に通えば合格できそう…それなら通学講座。 受講料は高額になりますが、豊富な教材と十分な学習時間の確保、確実に学習していくカリキュラムで合格点クリアを目指します。
tac
⇒詳細はこちら