勉強に疲れた時こそ、勉強に執着せよ

宅建試験に限らず、どんな資格試験に挑戦する上でも、「モチベーションとの付き合い方」には誰しも何度となく悩むことになるでしょう。
ある日突然、今まで続けていた勉強をやりたくなくなってしまったら、皆さんはどうするでしょうか?
これから資格受験に臨む上で、自分自身のやる気のアップダウンを上手にコントロールする術を知っておくことは必須であると思います。

 モチベーションが下がってしまった時の対処法として、よく言われるのが「一旦、目の前のことから離れてみることだよ」というアドバイスです。やる気の低下は勉強に煮詰まってしまった証拠、ならば一度引いてみて、気持ちが再び上がってくるのを待ちましょうというやり方です。
一旦勉強から離れて散歩をしてみたり、音楽を聞いてみたりすると、再びモクモクとやる気がわいてくることもあるでしょう。しかしながら、こうした対処を繰り返していると、たびたび勉強から離れたくなってしまう、いわば“逃げ癖”のようなものが付かないとも限りません。
皆さんの中にも、「一度は気持ちを持ち直したのに、その後たびたび勉強が辛くなってしまって・・・」という経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 個人的に、「勉強が上手く進まない時こそ勉強の続け時」であると強く感じています。辛いときにこそ、いかにしてその辛さを克服すべきか、しっかり考えてみるべきです。そのためには、勉強は止めるべきではありません。
ゆっくりでも、少しずつでも続けて、とことん粘るべきです。その際の学習は、テキスト読みや単語カードなど、復習メインの負担にならない方法で良いでしょう。再びやる気が戻ってきたら、心機一転、新しい単元に進んでいければ良いと思います。

辛いときにも続けなければならないなんて、少々厳しい感じがするかもしれません。ですがこれは私自身、様々な資格対策を経験する中で得た、モチベーション低下時の最良の対処法であると言えます。辛くなった時、ぜひ試してみて下さい。きっとうまくいくはずです。

【通信】フォーサイト

独学では難しそう…そう感じたら通信講座がオススメ! 合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
foresight
⇒詳細はこちら

【通学】TAC

学校に通えば合格できそう…それなら通学講座。 受講料は高額になりますが、豊富な教材と十分な学習時間の確保、確実に学習していくカリキュラムで合格点クリアを目指します。
tac
⇒詳細はこちら